電気☆入門 電気主任技術者・電気工事士・エネルギー管理士・技術士等の資格試験と電気技術情報サイト
電気☆入門
サイト内検索



楽天ブックスは資格試験の書籍も取り扱っています。楽天ブックスで買えば、楽天ポイントも貯まります。

【楽天で購入】
はじめての人のための
電気の基本が
よ〜くわかる本


電気☆入門掲示板はこちら
トップページ > 電気の基礎 >

正弦波交流


正弦波交流の特徴

正弦波交流とは

正弦波交流は、グラフ1のような波形を描く交流をいいます。
グラフ1
正弦波交流のグラフ
グラフ1は、縦軸を電圧、横軸を時間として正弦波交流の電圧を描いています。
電力会社から供給される電力も正弦波交流です。

周期

グラフ1の時間0.000[s]から0.020[s]までの、山が1つ、谷が1つの時間を周期サイクルといいます。よってグラフ1は1周期分(1サイクル分)の波形ということになります。

周波数

周波数とは

1秒間に+から-に切り替わる回数を周波数と言い、単位はHz(ヘルツ)です。1Hzは1秒間のうち0.5秒は+、残りの0.5秒は-ということになります。
周波数をf[Hz]、周期をT[s]とすると、
f=1/T
が成り立ちます。グラフ1は周期が0.020[s]なので、周波数fは、
f=1/T
=1/0.020
=50
となり、50[Hz]の正弦波交流であることがわかります。

電力会社で用いられている商用周波数

電力会社が供給する電力の周波数を商用周波数といいます。日本では、静岡県の富士川から新潟県の糸魚川あたりを境にして、東側が50Hz、西側が60Hzの商用周波数が用いられていますので、東京は50Hzの電力が電力会社から供給されています。
50Hzは1秒間に50サイクルですから、50個の+と50個の-が交互に入れ替わります。1秒間に+と-が50個ずつということは1秒÷50Hz÷2=0.01秒ごとに+と-が入れ替わることになります。 初めの0秒から0.01秒までが+で、0.01秒から0.02秒までが-というふうに、規則的に変化します。

瞬時値

瞬時値と瞬時式

直流100Vは、常時100Vぴったりの電圧が+-が入れ替わることがありません。しかし正弦波交流は、+と-が交互に入れ替わります。そして、グラフ1を見ればわかるように、+の期間も-の期間も瞬間の電圧は一定ではなく、刻々と変化し続けます。100Vの正弦波交流の場合、+の期間では0〜141.2V、-の期間では-141.2〜0Vまで変化しています。その瞬間、瞬間の値を瞬時値といいます。
電圧の瞬時値をV[V]、電圧の最大値をVm[V]、周波数f[Hz]、時間をt[s]とすると、正弦波交流の瞬時電圧Vは
V=Vmsin2πft
瞬時電流Iは
I=Imsin2πft
となります。これを瞬時式といいます。

実効値

実効値とは

「家庭のコンセントの電圧は100V」といいますが、この100Vというのは実効値です。
交流100Vというのは正確に言うと「電圧の実効値が100Vの交流」です。

なぜ実効値で表すのか

交流の100[V]1[A]と、直流の100[V]1[A]をエネルギー的に等価にしないと、交流の100Wのヒーターと、直流の100Wのヒーターでは発生する熱が異なってしまうといった不都合が生じます。交流の100[V]1[A]と、直流の100[V]1[A]をエネルギー的に等価にした場合、交流の100[V]は電圧の実効値、1[A]は電流の実効値といいます。

直流と交流をエネルギー的に等価にする方法

抵抗R[Ω]のヒーターを直流電源に接続した場合、直流電流をId[A]、通電時間をT[s]とすると、消費される電力量Wd[Ws]は、
Wd=Id2RT
となります。
しかし抵抗R[Ω]のヒーターを交流電源に接続した場合は少々厄介です。電流は刻々と変化しますので、瞬間、瞬間で電力を計算し、通電時間T[s]分合計しなければいけません。
しかし簡単に計算する方法があります。簡単な例で説明します。
抵抗R[Ω]のヒーターを直流電源に接続した場合、直流電流をId[A]、通電時間をT[s]とすると、消費される電力量Wd[Ws]は
Wd=Id2RT
で求められます。
ここでRを2[Ω]とし、直流電流Idが
0〜1[s]までが2[A]
1〜2[s]までが3[A]
2〜3[s]までが4[A]
というように変化したとします。
0〜1[s]までに消費される電力W1は
W1=I2RT
=22×2×1
=8
以下同様に
1〜2[s]までに消費される電力W2は
32×2×1
=18
2〜3[s]までに消費される電力W3は
42×2×1
=32
よって0〜3[s]までに消費される電力は
W1+W2+W3
=8+18+32
=58[Ws]
となります。
これを別の方法で計算してみます。
まず0〜3[s]の間の電流の2乗の平均値を求めます。
(22+32+42)/3
=(4+9+16)/3
=29/3
そして電流の2乗の平均値にR=2[Ω]とT=3[s]をかけます。
(29/3)×2×3
=58[Ws]
となり、当たり前ですが同じ値が導かれます。
この変化する直流電流を交流電流と考えると、交流電流瞬時値を2乗して抵抗Rをかけたものを0〜T[s]分合計するということは、交流電流瞬時値の2乗の平均値に抵抗RとT[s]をかけたものと等しいということです。
よって交流電流の瞬時値をIa[A]、通電時間をT[s]とすると、消費される電力量Wa[Ws]は、
Wa=(Ia2の平均値)RT
となります。
直流の電力量Wdと交流の電力量Waを等価にするためには、
Wd=Wa
が成立しなければいけないので
Wd=Wa
Id2RT=(Ia2の平均値)RT
Id2=Ia2の平均値
Id=√(Ia2の平均値)
より、交流電流の瞬時値Ia[A]の2乗の平均値の平方根が、直流電流Id[A]と等しくしなければいけません。
交流電流の瞬時値の2乗の平均値の平方根を実効値といいます。
交流電流の瞬時値Ia[A]の瞬時式を
Ia=Imsin2πft
とすると、交流電流の瞬時値Iaの2乗は、
Ia2=Im2sin22πft
sin2θ=(1-cos2θ)/2なので
Ia2=Im2(1-cos4πft)/2
となります。cos4πftの平均は0なので
(Ia2の平均)=Im2/2
Im2=2(Ia2の平均値)
Im=√2×(Ia2の平均値の平方根)
=√2×実効値
となります。よって実効値の√2倍が最大値になることがわかり、交流電流の瞬時値Ia[A]の瞬時式を
Ia=Imsin2πft
=Ir√2sin2πft
と変形することができます。
電圧の瞬時式も同様に
V=Vmsin2πft
=Vr√2sin2πft
と変形できます。
sin2πftはfとtの値によって変化しますが、最小は0、最大はsin2πft=1です。よって交流電圧の最大値はVr√2、つまり実効値の√2倍となります。グラフ1を見ると、一番高いところが100Vの√2倍である、141.2Vくらいを示しているのがわかります。

√2の理由

交流の最大値が√2倍である理由を違う視点で見てみます。
グラフ2

グラフ2は交流電圧Vac=100[V]、交流電流Iac=50[A]と直流電圧Vdc=100[V]、直流電流Idc=50[A]のグラフです。
直流と交流のそれぞれの電力Pは等しく、
P=100[V]×50[A]
=5000[W]
となります。
これをグラフで表すとグラフ3になります。
グラフ3

直流電力は、5000[W]になっていて、交流電力の最大値は10000[W]になっています。
交流電力Pacは、
Pac=Vac×Iac
なので
Vac=√2×100×sinωt

Iac=√2×50×sinωt
を代入すると
Pac=Vac×Iac
  =√2×100×sinωt×√2×50×sinωt
  =2×5000×(sinωt)2
となり、Pacの最大値は5000の2倍になることが分かります。
Pacの最大値は5000の2倍なので、Pacの平均値は最大値の1/2の5000[W]になり、直流電力と等しくなることが分かります。

平均値

正弦波交流は+と-が入れ替わりますので、1周期分を平均すると0になってしまいます。そこで+部分の半周期分の平均を平均値といいます。
最大値Imの正弦波交流電流の平均値Iaveは
Iave=2Im/π
となります。



TOPページに戻る

サイトマップ
電気の基礎
電気とはなにか物質はすべて原子でできている原子の特徴電子の振る舞い電流は電子の流れ電気の歴史原子と分子と電子電流とは電圧とは抵抗とは電力と電力量直列・並列接続の合成抵抗分圧と分流直流と交流正弦波交流抵抗・リアクタンス・インピーダンス磁力線と磁束電気力線と電束コイルとインダクタンスコンデンサと静電容量共振力率と皮相・有効・無効電力3相交流ベクトル図の使い方電線にとまった鳥が感電しない理由需要率と負荷率と不等率フェランチ効果放電パーセントインピーダンス法(%Z)高調波交流の電気方式ホイートストンブリッジスターデルタ変換・デルタスター変換電圧降下過渡現象過渡現象(R-L直列回路)過渡現象(R-C直列回路)開閉サージ渦電流表皮効果

発電・送配電・受変電
原子力発電の仕組み水力発電の仕組み火力発電の仕組み太陽光発電の仕組み関東と関西で周波数が違う理由なぜ交流送電なの?停電瞬時電圧低下受電方式スポットネットワーク受電方式の仕組み統合接地

電気設備・機器
進相コンデンサと力率割引遮断器と開閉器と断路器接地(アース)変圧器(トランス)変流器接地用補償コンデンサ漏電と漏電遮断器保護継電器誘導電動機の始動法インバーターの仕組みケーブル・絶縁電線・コードの違い蛍光灯エアコンの仕組み直流電動機(直流モーター)誘導電動機指示計器GIS(ガス絶縁開閉装置)電磁開閉器(マグネットスイッチ)短絡(ショート)ヒューズリレー(継電器)スイッチ(片切・両切・3路・4路)トラッキング電力デマンド

電気設備保守
絶縁抵抗測定耐電圧試験

法則・定理
オームの法則クーロンの法則キルヒホッフの法則ファラデーの法則・レンツの法則フレミングの法則ミルマンの定理テブナンの定理ガウスの定理重ね合わせの理アンペア周回積分の法則ビオ・サバールの法則

公式・略号
電気公式集数学公式集電気設備略号辞典制御器具番号

数学
分数指数因数分解と展開方程式比例と反比例三角関数度数法と弧度法虚数

電気系資格
電気主任技術者とは?エネルギー管理士とは?技術士とは?技術士総合技術監理部門とは?

資格試験対策
電気主任技術者試験2次試験対策技術士2次試験対策(筆記試験)技術士2次試験対策(技術的体験論文)技術士2次試験対策(口頭試験)?技術士2次試験対策(口頭試験)?試験勉強法

資格試験過去問題
第3種電気主任技術者 理論第3種電気主任技術者 電力第3種電気主任技術者 機械第3種電気主任技術者 法規第2種電気主任技術者 1次理論第1種電気主任技術者 1次理論第1種電気主任技術者 1次電力第1種電気主任技術者 1次機械第1種電気主任技術者 1次法規第1種電気主任技術者2次試験 電力・管理第1種電気主任技術者2次試験 機械・制御エネルギー管理士(電気) 電気の基礎技術士一次試験 共通科目数学技術士一次試験 共通科目物理技術士一次試験 共通科目化学技術士一次試験 基礎科目技術士一次試験 電気電子部門専門科目技術士一次試験 適性科目技術士二次筆記試験 必須科目技術士二次筆記試験 選択科目 発送配変電技術士二次筆記試験 選択科目 電気応用技術士二次筆記試験 選択科目 電子応用技術士二次筆記試験 選択科目 情報通信技術士二次筆記試験 選択科目 電気設備

資格取得体験記
第3種電気主任技術者(電験3種)第2種電気主任技術者(電験2種)第1種電気主任技術者(電験1種)技術士1次試験(電気電子部門)技術士2次試験(電気電子部門)筆記試験技術士2次試験(電気電子部門)口頭試験技術士2次試験(総合技術監理部門)筆記試験技術士2次試験(総合技術監理部門)口頭試験建築設備士第1次試験建築設備士第2次試験エネルギー管理士(電気)エネルギー管理士(新制度)第2種電気工事士

関連サイト
電気☆入門掲示板

ご利用規約
当ウェブサイトご利用にあたって電気☆入門掲示板ご利用にあたって

当サイト運営者
管理人自己紹介管理人へメール

Copyright (C) DENKIMAN. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system