電気☆入門 電気主任技術者・電気工事士・エネルギー管理士・技術士等の資格試験と電気技術情報サイト
電気☆入門
サイト内検索



楽天ブックスは資格試験の書籍も取り扱っています。楽天ブックスで買えば、楽天ポイントも貯まります。

【楽天で購入】
はじめての人のための
電気の基本が
よ〜くわかる本


電気☆入門掲示板はこちら
トップページ > 電気設備保守 >

絶縁抵抗測定


絶縁抵抗測定の方法

絶縁抵抗計(メガー)

絶縁抵抗の測定方法は数種類ありますが、もっとも多く用いられる方法はメガーと呼ばれる絶縁抵抗計を用いた測定です。写真1はデジタル表示・測定電圧可変式のメガーです。
写真1(クリックするとその他のタイプも確認できます。)

メガーによる測定は簡単で扱いやすい上、測定器が小さいので現場での測定に向いています。メガーは本体に2本のプローブを接続して使用します。プローブは一方がワニ口クリップ、一方が棒状の金属になっていて、ワニ口クリップをアース端子、棒状のピン型プローブを被測定回路に当てて測定します。
測定方法は以下の通りです。

1.被測定回路を非充電状態にします。

被測定回路は無電圧状態にしなければいけませんので、被測定回路の直上の遮断器・ブレーカーをOFFにします。その後、検電器等で無電圧を確認します。

2.ワニ口クリップをアース端子に接続します。

確実にアースされているところにワニ口クリップをはさみます。アース端子が一番望ましいです。

3.アースチェック

ピン型プローブをアースされていることが予め分かっている部分に当て、メガーの測定ボタンを押し、メーターが0を指示することを確認します。これをアースチェックといいます。アースチェックは、ワニ口クリップが確実に接地端子に接続されているかを確認するために行います。一見ワニ口クリップがアース端子にきちんと接続されているように見えても、実は絶縁部分に噛んでいることがたまにあります。この場合被測定回路の絶縁抵抗が0であっても、アース端子とワニ口クリップが確実に接続されていないことにより、メーターの指示値が正常値を示してしまうので、アースチェックを行いこれを防止します。

4.測定

被測定回路に当て、メガーの測定電圧を確認し、メガーの測定ボタンを押します。そしてメーターの指示値を読み取ります。

5.被測定回路の放電

被測定回路の残留電荷を放電します。静電容量が大きい回路の場合、測定時に印加したメガーの測定電圧により電荷が残り、感電の恐れがありますので放電が必要です。最近のメガーは放電機能付きのものが多いので、この機能を利用し放電します。アース端子にワニ口クリップを接続した状態で、ピン型プローブを被測定回路に当てれば放電されます。当然、放電は測定ボタンを押さずに行います。

測定上の注意点

被測定回路は無電圧になっているか?

被測定回路は無電圧にしなければいけません。無電圧になっていることを確認してからプローブを当てましょう。

測定電圧は正しいか?

電圧切替型メガーの場合、被測定回路に接続されている機器を破壊しない測定電圧を選択しているか、確認する必要があります。特にパソコンやインバーターは、内部部品が定格電圧を超える電圧に弱いので注意が必要です。

被測定回路の静電容量

コンデンサ、ケーブルなど静電容量の大きな電路の測定では、絶縁が正常でも静電容量を充電するため電流が流れ、測定開始直後は0Ωを指示します。
この場合は、
@メーターの指針が上昇して止まるのを待ってから読み取る。
A被測定回路が遮断器や開閉器などで分割できれば分割する。
Bメガーの測定電圧を被測定回路負荷に影響がない範囲で上げる。
C静電容量の大きい負荷を切り離し、電路・負荷を別々に測定する。
等の方法で測定します。

絶縁抵抗の下限値

絶縁抵抗の下限値は電気設備技術基準で以下のように定められています。
電路の電圧 絶縁抵抗値
300V以下 対地電圧が150V以下の場合 0.1MΩ
その他の場合 0.2MΩ
300Vを超える 0.4MΩ
対地電圧とは、接地されている電路であれば電線と大地の間の電圧、非接地の電路においては電線間の電圧となります。
たとえば中性点接地されている単相3線100-200V回路であれば、対地電圧は100Vですので、0.1MΩが下限値となります。

停電できない回路の絶縁測定

停電不要のクランプ漏れ電流計

最近は負荷がパソコンやサーバーなどなかなか停電できない状況が多々あります。しかし、メガーは停電しないと使用できません。停電せずに絶縁抵抗を測りたい場合はクランプ型漏れ電流計を用います。
写真2(クリックするとその他のタイプも確認できます。)

クランプ漏れ電流計で、被測定回路をクランプします。このとき、単相2線は2本、単相3線・3相3線は3本、3相4線は4本の電線をまとめてクランプします。こうすることによって被測定回路の零相電流を測定することができます。被測定回路が正常であれば零相電流は小さくなります。逆に漏電が発生していれば、漏れている電流値がメーターに指示されます。



TOPページに戻る

サイトマップ
電気の基礎
電気とはなにか物質はすべて原子でできている原子の特徴電子の振る舞い電流は電子の流れ電気の歴史原子と分子と電子電流とは電圧とは抵抗とは電力と電力量直列・並列接続の合成抵抗分圧と分流直流と交流正弦波交流抵抗・リアクタンス・インピーダンス磁力線と磁束電気力線と電束コイルとインダクタンスコンデンサと静電容量共振力率と皮相・有効・無効電力3相交流ベクトル図の使い方電線にとまった鳥が感電しない理由需要率と負荷率と不等率フェランチ効果放電パーセントインピーダンス法(%Z)高調波交流の電気方式ホイートストンブリッジスターデルタ変換・デルタスター変換電圧降下過渡現象過渡現象(R-L直列回路)過渡現象(R-C直列回路)開閉サージ渦電流表皮効果

発電・送配電・受変電
原子力発電の仕組み水力発電の仕組み火力発電の仕組み太陽光発電の仕組み関東と関西で周波数が違う理由なぜ交流送電なの?停電瞬時電圧低下受電方式スポットネットワーク受電方式の仕組み統合接地

電気設備・機器
進相コンデンサと力率割引遮断器と開閉器と断路器接地(アース)変圧器(トランス)変流器接地用補償コンデンサ漏電と漏電遮断器保護継電器誘導電動機の始動法インバーターの仕組みケーブル・絶縁電線・コードの違い蛍光灯エアコンの仕組み直流電動機(直流モーター)誘導電動機指示計器GIS(ガス絶縁開閉装置)電磁開閉器(マグネットスイッチ)短絡(ショート)ヒューズリレー(継電器)スイッチ(片切・両切・3路・4路)トラッキング電力デマンド

電気設備保守
絶縁抵抗測定耐電圧試験

法則・定理
オームの法則クーロンの法則キルヒホッフの法則ファラデーの法則・レンツの法則フレミングの法則ミルマンの定理テブナンの定理ガウスの定理重ね合わせの理アンペア周回積分の法則ビオ・サバールの法則

公式・略号
電気公式集数学公式集電気設備略号辞典制御器具番号

数学
分数指数因数分解と展開方程式比例と反比例三角関数度数法と弧度法虚数

電気系資格
電気主任技術者とは?エネルギー管理士とは?技術士とは?技術士総合技術監理部門とは?

資格試験対策
電気主任技術者試験2次試験対策技術士2次試験対策(筆記試験)技術士2次試験対策(技術的体験論文)技術士2次試験対策(口頭試験)?技術士2次試験対策(口頭試験)?試験勉強法

資格試験過去問題
第3種電気主任技術者 理論第3種電気主任技術者 電力第3種電気主任技術者 機械第3種電気主任技術者 法規第2種電気主任技術者 1次理論第1種電気主任技術者 1次理論第1種電気主任技術者 1次電力第1種電気主任技術者 1次機械第1種電気主任技術者 1次法規第1種電気主任技術者2次試験 電力・管理第1種電気主任技術者2次試験 機械・制御エネルギー管理士(電気) 電気の基礎技術士一次試験 共通科目数学技術士一次試験 共通科目物理技術士一次試験 共通科目化学技術士一次試験 基礎科目技術士一次試験 電気電子部門専門科目技術士一次試験 適性科目技術士二次筆記試験 必須科目技術士二次筆記試験 選択科目 発送配変電技術士二次筆記試験 選択科目 電気応用技術士二次筆記試験 選択科目 電子応用技術士二次筆記試験 選択科目 情報通信技術士二次筆記試験 選択科目 電気設備

資格取得体験記
第3種電気主任技術者(電験3種)第2種電気主任技術者(電験2種)第1種電気主任技術者(電験1種)技術士1次試験(電気電子部門)技術士2次試験(電気電子部門)筆記試験技術士2次試験(電気電子部門)口頭試験技術士2次試験(総合技術監理部門)筆記試験技術士2次試験(総合技術監理部門)口頭試験建築設備士第1次試験建築設備士第2次試験エネルギー管理士(電気)エネルギー管理士(新制度)第2種電気工事士

関連サイト
電気☆入門掲示板

ご利用規約
当ウェブサイトご利用にあたって電気☆入門掲示板ご利用にあたって

当サイト運営者
管理人自己紹介管理人へメール

Copyright (C) DENKIMAN. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system