電気☆入門 電気主任技術者・電気工事士・エネルギー管理士・技術士等の資格試験と電気技術情報サイト
電気☆入門
サイト内検索



楽天ブックスは資格試験の書籍も取り扱っています。楽天ブックスで買えば、楽天ポイントも貯まります。

【楽天で購入】
はじめての人のための
電気の基本が
よ〜くわかる本


電気☆入門掲示板はこちら
トップページ > 電気設備・機器 >

変圧器(トランス)


変圧器(トランス)は電圧を上げたり下げたりする

変圧器(トランス)の構造

交流の電圧は変圧器(トランス)という機器を用いて、電圧を上げたり、下げたりすることができます。
図1は変圧器の構造の概念図です。
図1
変圧器の構造
変圧器は、1次巻線・2次巻線・鉄心からなっています。図1は通常の受変電設備に用いる単相変圧器を簡略化した図です。1次巻線にかけた電圧は変圧されて2次巻線に出力されます。

どうして変圧できるのか?

図2は損失が0の変圧器の1次巻線にV1[V]をかけたときの図です。
図2
変圧器の原理
変圧器の1次巻線に電圧V1[V]をかけると電流I1[A]が流れ、アンペールの法則にしたがって鉄心の中に磁束が発生します。磁束は鉄心を通じて2次側の巻線と交わります。
磁束が巻線と交わることを鎖交するといいます。
コイルは鎖交する磁束が変化すると電圧を発生します。これをファラデーの法則(電磁誘導の法則)といいます。この法則によって、鎖交する磁束の変化を妨げるような磁束を2次巻線に発生させるような電流を流すための電圧を発生します。つまり、1次巻線によって作られた磁束φ[wb]を打ち消そうとする電圧を2次巻線に誘起します。この電圧を誘導起電力といいます。
変圧器の1次電圧と2次電圧の関係は
V1/V2=N1/N2
となります。 右辺のN1/N2を変圧比といいます。
また、1次電流と2次電流の関係は、
I1/I2=N2/N1
となります。
N1をN2より大きくすれば、V2はV1より低くなり、N1をN2より小さくすれば、V2はV1より高くなります。

変圧器は直流では使えない

電圧は磁束の変化率に比例する

変圧器は直流では使えません。交流でのみ変圧できます。
交流は+-が入れ替わりますので、図2の磁束もそれに応じて時計回りに回ったり、反時計回りに回ったりと変化します。
コイルに鎖交する磁束Φ[wb]と、コイルに発生する電圧e[V]の関係は
e=NdΦ/dt
N:コイルの巻数[回] t:時間[秒]
という関係があります。
dΦ/dtは単位時間当たりの磁束の変化率ですので、磁束が一定の場合は0になります。
交流は磁束が変化し続けますので、電圧を発生することができ、変圧器は変圧することができます。

変圧器の損失

変圧器には無負荷損と負荷損という損失があります。

無負荷損(鉄損)

無負荷損とは、変圧器に電圧が掛かっていれば、無負荷状態であっても発生する損失です。無負荷損は鉄心で発生するため鉄損ともいいます。
無負荷損は、ヒステリシス損と渦電流損からなっています。

負荷損(銅損)

銅損とは、負荷がかかると発生する損失です。巻線(銅)に発生するため銅損とも言います。
負荷損は巻線抵抗損と漂遊負荷損からなっています。

結線の種類

△-△結線

1次と2次の電圧が同相になる結線です。第3高調波が△結線を還流できるので、誘導起電力は正弦波となります。中性点接地ができないので高電圧では利用されません。

△-Y結線・Y-△結線

Y結線なので中性点接地ができる結線です。第3高調波が△結線を還流できるので、誘導起電力は正弦波となります。1次と2次の電圧が30°変位する結線です。Y結線側を高圧側にすると相電圧が線間電圧の1/√3となり絶縁を軽減できます。

Y-Y結線

1次と2次の電圧が同相になる結線です。中性点を接地すると大地に第3高調波が流れ、周辺の通信線に誘導障害を与えるため、安定巻線という△結線の巻線を取り付け、第3高調波を還流させます。中性点を接地しない場合は第3高調波が流れず電圧波形が歪みます。



TOPページに戻る

サイトマップ
電気の基礎
電気とはなにか物質はすべて原子でできている原子の特徴電子の振る舞い電流は電子の流れ電気の歴史原子と分子と電子電流とは電圧とは抵抗とは電力と電力量直列・並列接続の合成抵抗分圧と分流直流と交流正弦波交流抵抗・リアクタンス・インピーダンス磁力線と磁束電気力線と電束コイルとインダクタンスコンデンサと静電容量共振力率と皮相・有効・無効電力3相交流ベクトル図の使い方電線にとまった鳥が感電しない理由需要率と負荷率と不等率フェランチ効果放電パーセントインピーダンス法(%Z)高調波交流の電気方式ホイートストンブリッジスターデルタ変換・デルタスター変換電圧降下過渡現象過渡現象(R-L直列回路)過渡現象(R-C直列回路)開閉サージ渦電流表皮効果

発電・送配電・受変電
原子力発電の仕組み水力発電の仕組み火力発電の仕組み太陽光発電の仕組み関東と関西で周波数が違う理由なぜ交流送電なの?停電瞬時電圧低下受電方式スポットネットワーク受電方式の仕組み統合接地

電気設備・機器
進相コンデンサと力率割引遮断器と開閉器と断路器接地(アース)変圧器(トランス)変流器接地用補償コンデンサ漏電と漏電遮断器保護継電器誘導電動機の始動法インバーターの仕組みケーブル・絶縁電線・コードの違い蛍光灯エアコンの仕組み直流電動機(直流モーター)誘導電動機指示計器GIS(ガス絶縁開閉装置)電磁開閉器(マグネットスイッチ)短絡(ショート)ヒューズリレー(継電器)スイッチ(片切・両切・3路・4路)トラッキング電力デマンド

電気設備保守
絶縁抵抗測定耐電圧試験

法則・定理
オームの法則クーロンの法則キルヒホッフの法則ファラデーの法則・レンツの法則フレミングの法則ミルマンの定理テブナンの定理ガウスの定理重ね合わせの理アンペア周回積分の法則ビオ・サバールの法則

公式・略号
電気公式集数学公式集電気設備略号辞典制御器具番号

数学
分数指数因数分解と展開方程式比例と反比例三角関数度数法と弧度法虚数

電気系資格
電気主任技術者とは?エネルギー管理士とは?技術士とは?技術士総合技術監理部門とは?

資格試験対策
電気主任技術者試験2次試験対策技術士2次試験対策(筆記試験)技術士2次試験対策(技術的体験論文)技術士2次試験対策(口頭試験)?技術士2次試験対策(口頭試験)?試験勉強法

資格試験過去問題
第3種電気主任技術者 理論第3種電気主任技術者 電力第3種電気主任技術者 機械第3種電気主任技術者 法規第2種電気主任技術者 1次理論第1種電気主任技術者 1次理論第1種電気主任技術者 1次電力第1種電気主任技術者 1次機械第1種電気主任技術者 1次法規第1種電気主任技術者2次試験 電力・管理第1種電気主任技術者2次試験 機械・制御エネルギー管理士(電気) 電気の基礎技術士一次試験 共通科目数学技術士一次試験 共通科目物理技術士一次試験 共通科目化学技術士一次試験 基礎科目技術士一次試験 電気電子部門専門科目技術士一次試験 適性科目技術士二次筆記試験 必須科目技術士二次筆記試験 選択科目 発送配変電技術士二次筆記試験 選択科目 電気応用技術士二次筆記試験 選択科目 電子応用技術士二次筆記試験 選択科目 情報通信技術士二次筆記試験 選択科目 電気設備

資格取得体験記
第3種電気主任技術者(電験3種)第2種電気主任技術者(電験2種)第1種電気主任技術者(電験1種)技術士1次試験(電気電子部門)技術士2次試験(電気電子部門)筆記試験技術士2次試験(電気電子部門)口頭試験技術士2次試験(総合技術監理部門)筆記試験技術士2次試験(総合技術監理部門)口頭試験建築設備士第1次試験建築設備士第2次試験エネルギー管理士(電気)エネルギー管理士(新制度)第2種電気工事士

関連サイト
電気☆入門掲示板

ご利用規約
当ウェブサイトご利用にあたって電気☆入門掲示板ご利用にあたって

当サイト運営者
管理人自己紹介管理人へメール

Copyright (C) DENKIMAN. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system