電気☆入門 電気主任技術者・電気工事士・エネルギー管理士・技術士等の資格試験と電気技術情報サイト
電気☆入門
サイト内検索



楽天ブックスは資格試験の書籍も取り扱っています。楽天ブックスで買えば、楽天ポイントも貯まります。

【楽天で購入】
はじめての人のための
電気の基本が
よ〜くわかる本


電気☆入門掲示板はこちら
トップページ > 電気設備・機器 >

誘導電動機の始動法


始動法の種類

減電圧始動法で始動電流やショックを軽減

誘導電動機の始動を大きく2つに分類すると、電源の全電圧を掛けて始動する全電圧始動と、電圧を下げて始動する減電圧始動(スターデルタ始動、リアクトル始動)に分けられます。
誘導電動機の始動時は、大きな電流が流れます。小容量の誘導電動機の場合、電源電圧をそのまま掛けて始動しても支障ありませんが、大容量の誘導電動機の場合は始動電流が著しく大きくなるため、それに耐えうる電源容量が必要になります。また始動時の回転ショックも大きくなります。そのため小容量の誘導電動機には全電圧始動法、大容量の誘導電動機には減電圧始動法が用いられます。

全電圧始動法(=ラインスタート、直入始動法)

始動から誘導電動機に電源電圧をそのまま印加して始動する始動法です。
停止状態の誘導電動機に電源電圧をそのまま印加するため、始動電流が大きくなります。その値は定格電流の5〜10倍にもなります。この始動電流にあわせてモーターの電源を用意するには大きなブレーカーと太いケーブルが必要になります。始動時の大電流の影響で、電圧降下が発生し同じ系統の機器に影響が出ることもあります。
そして始動時の始動トルク・加速トルクが大きく始動時間が短いです。電動機のショックが大きいため、比較的小容量の誘導電動機に採用されます。

図1はかご型誘導電動機を全電圧始動する回路図です。始動するときはMC-Mを閉じて電動機に全電圧を印加します。回路がシンプルで始動用の機器が不要です。
図1
全電圧始動法

スターデルタ始動法

減電圧始動法の中でもっともよく使われる方式です。通常、運転中の誘導電動機の巻線はデルタ結線になっており、電源の線間電圧が各巻線に印加されています。スターデルタ始動法は、始動時はスター結線とし、ある程度加速してからデルタ結線に切り替え全電圧を印加します。スターデルタ始動法は始動電流を全電圧始動法で始動した場合の1/3とすることができます。
始動による突入電流が軽減でき、減電圧始動法の中では安価な始動装置です。始動トルク・加速トルクが小さいので無負荷状態で始動できる負荷に用いられます。

図2はかご型誘導電動機をスターデルタ始動する回路図です。始動するときはMC-MとMC-Sを閉じて、電動機の巻線をスター結線にします。このとき各巻線には線間電圧の1/√3が印加されています。この状態で加速し一定時間経過後、MC-Sを開いてMC-Dを閉じます。すると巻線がデルタ結線になり、各巻線に全電圧を印加します。
図2
スターデルタ始動法
図3

図3はデルタ結線です。
デルタ結線の場合、Rに流れる電流Iraは
Ira=Vab/R
となります。線電流であるIaは相電流であるIadの√3倍ですので
Ia=√3Vab/R
となります。
図4

図4はスター結線です。
スター結線の場合、Rに流れる電流Iayは
Iay=Ea/R
相電圧であるEaは線間電圧であるVabの1/√3ですので
Ea=Vab/√3
よって
Iay=Vab/√3R
線電流であるIaは相電流であるIadと同じですので
Ia=Vab/√3R
となります。
ここでスター結線のときの線電流Ia=Vab/√3Rとデルタ結線のときの線電流Ia=√3Vab/Rを比較すると
スター結線のときの線電流/デルタ結線のときの線電流
=(Vab/√3R)/(√3Vab/R)
=(Vab/√3R)×(R/√3Vab)
=(1/√3)×(1/√3)
=1/3
となり、スター結線のときの線電流は、デルタ結線のときの線電流の1/3になることがわかります。

リアクトル始動法

始動リアクトルを用いた始動法です。誘導電動機の1次側にリアクトルを設置し、リアクトルによる電圧効果分を下げた電圧を電動機に印加して始動する方式です。
リアクトルの巻線から出された数段階のタップを選択することにより始動電流や始動トルクを調整することができます。始動トルクは始動電流の2乗に比例するため、始動電流の減少に伴って始動トルクは大きく減少します。

図5はかご型誘導電動機をリアクトル始動する回路図です。電動機の巻線と直列に始動用リアクトルを接続し、始動時はMC-Mを閉じて加速し、一定時間経過後、MC-Dを閉じて始動用リアクトルを短絡し、電動機各巻線に全電圧を印加します。
図5
リアクトル始動法



TOPページに戻る

サイトマップ
電気の基礎
電気とはなにか物質はすべて原子でできている原子の特徴電子の振る舞い電流は電子の流れ電気の歴史原子と分子と電子電流とは電圧とは抵抗とは電力と電力量直列・並列接続の合成抵抗分圧と分流直流と交流正弦波交流抵抗・リアクタンス・インピーダンス磁力線と磁束電気力線と電束コイルとインダクタンスコンデンサと静電容量共振力率と皮相・有効・無効電力3相交流ベクトル図の使い方電線にとまった鳥が感電しない理由需要率と負荷率と不等率フェランチ効果放電パーセントインピーダンス法(%Z)高調波交流の電気方式ホイートストンブリッジスターデルタ変換・デルタスター変換電圧降下過渡現象過渡現象(R-L直列回路)過渡現象(R-C直列回路)開閉サージ渦電流表皮効果

発電・送配電・受変電
原子力発電の仕組み水力発電の仕組み火力発電の仕組み太陽光発電の仕組み関東と関西で周波数が違う理由なぜ交流送電なの?停電瞬時電圧低下受電方式スポットネットワーク受電方式の仕組み統合接地

電気設備・機器
進相コンデンサと力率割引遮断器と開閉器と断路器接地(アース)変圧器(トランス)変流器接地用補償コンデンサ漏電と漏電遮断器保護継電器誘導電動機の始動法インバーターの仕組みケーブル・絶縁電線・コードの違い蛍光灯エアコンの仕組み直流電動機(直流モーター)誘導電動機指示計器GIS(ガス絶縁開閉装置)電磁開閉器(マグネットスイッチ)短絡(ショート)ヒューズリレー(継電器)スイッチ(片切・両切・3路・4路)トラッキング電力デマンド

電気設備保守
絶縁抵抗測定耐電圧試験

法則・定理
オームの法則クーロンの法則キルヒホッフの法則ファラデーの法則・レンツの法則フレミングの法則ミルマンの定理テブナンの定理ガウスの定理重ね合わせの理アンペア周回積分の法則ビオ・サバールの法則

公式・略号
電気公式集数学公式集電気設備略号辞典制御器具番号

数学
分数指数因数分解と展開方程式比例と反比例三角関数度数法と弧度法虚数

電気系資格
電気主任技術者とは?エネルギー管理士とは?技術士とは?技術士総合技術監理部門とは?

資格試験対策
電気主任技術者試験2次試験対策技術士2次試験対策(筆記試験)技術士2次試験対策(技術的体験論文)技術士2次試験対策(口頭試験)?技術士2次試験対策(口頭試験)?試験勉強法

資格試験過去問題
第3種電気主任技術者 理論第3種電気主任技術者 電力第3種電気主任技術者 機械第3種電気主任技術者 法規第2種電気主任技術者 1次理論第1種電気主任技術者 1次理論第1種電気主任技術者 1次電力第1種電気主任技術者 1次機械第1種電気主任技術者 1次法規第1種電気主任技術者2次試験 電力・管理第1種電気主任技術者2次試験 機械・制御エネルギー管理士(電気) 電気の基礎技術士一次試験 共通科目数学技術士一次試験 共通科目物理技術士一次試験 共通科目化学技術士一次試験 基礎科目技術士一次試験 電気電子部門専門科目技術士一次試験 適性科目技術士二次筆記試験 必須科目技術士二次筆記試験 選択科目 発送配変電技術士二次筆記試験 選択科目 電気応用技術士二次筆記試験 選択科目 電子応用技術士二次筆記試験 選択科目 情報通信技術士二次筆記試験 選択科目 電気設備

資格取得体験記
第3種電気主任技術者(電験3種)第2種電気主任技術者(電験2種)第1種電気主任技術者(電験1種)技術士1次試験(電気電子部門)技術士2次試験(電気電子部門)筆記試験技術士2次試験(電気電子部門)口頭試験技術士2次試験(総合技術監理部門)筆記試験技術士2次試験(総合技術監理部門)口頭試験建築設備士第1次試験建築設備士第2次試験エネルギー管理士(電気)エネルギー管理士(新制度)第2種電気工事士

関連サイト
電気☆入門掲示板

ご利用規約
当ウェブサイトご利用にあたって電気☆入門掲示板ご利用にあたって

当サイト運営者
管理人自己紹介管理人へメール

Copyright (C) DENKIMAN. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system