電気☆入門 電気主任技術者・電気工事士・エネルギー管理士・技術士等の資格試験と電気技術情報サイト

電気☆入門


トップページ > 発電・送配電・受変電 >

受電方式

受電方式の種類

一回線受電方式

図1
一回線受電
図1は、一回線受電方式です。
一回線の送電線の途中で分岐して、何箇所かの需要家が接続している場合もあります。
一回線受電方式は、変電所から需要家までが一回線で接続されていますので、シンプルで経済的な方式です。ただし、変電所から需要家の送電線で事故が発生すると、需要家は停電してしまうという欠点があります。主に6600Vの高圧系統がこの方式を採用しています。

本線予備線方式

図2
本線予備線受電
図2は、本線予備線受電方式です。
本線予備線方式は、常時は2回線のうち片方の1回線=本線で受電しますが、本線故障時に本線側CBを開いて予備線側CBを入れることにより、短時間の停電で受電が再開できるという長所があります。

ループ受電方式

図3
ループ受電
図3は、ループ受電方式です。
ループ受電方式は、常時2回線で受電するため、片側の1回線が故障してもその回線を遮断することにより、もう片方の1回線から受電を継続できるという長所があります。
ただし、各需要家間や変電所-需要家間の区間ごとに故障を監視する必要があるため、保護継電器が複雑になります。
また、需要家の受電店の遮断器CB等はループの電流を流すため大型になります。
ループ受電方式は、22〜66kVの特別高圧系統で採用されています。

スポットネットワーク受電方式

図4
スポットネットワーク受電
図4はスポットネットワーク受電方式です。
平常時は、3回線から同時に受電しますのでもっとも停電しにくい受電方式です。
配電線の保守時には、1回線ごとに停止させるため、需要家の停電は不要です。また、配電線故障時には変圧器2次側のCBが自動的に遮断され、復電時には自動的に投入されます。
スポットネットワーク受電方式には逆電力遮断・差電圧投入・無電圧投入の3大特性と呼ばれる制御があります。
もっとも高コストですが、信頼性の高い受電方式です。








TOPページに戻る

サイトマップ

電気の基礎

発電・送配電・受変電

電気設備・機器

電気設備保守

省エネルギー

電気用語辞典

法則・定理


公式・略号

電気用語辞典

数学

電気系資格

資格試験対策

資格試験過去問題

資格取得体験記

資格ランキング

現場レポート

関連サイト

ご利用規約

当サイト運営者


Copyright (C) DENKIMAN. All Rights Reserved.





サイト内検索

お気に入りに追加

電気☆入門トップページを



Yahoo!ブックマークに登録

電気☆入門掲示板
電気☆入門掲示板はこちら
資格ランキング登録募集中!
電気系取得資格のランキングです。
資格ランキング登録はこちら
PR

楽天ブックスは資格試験の書籍も取り扱っています。楽天ブックスで買えば、楽天ポイントも貯まります。

禁煙しよう!
inserted by FC2 system