電気☆入門 電気主任技術者・電気工事士・エネルギー管理士・技術士等の資格試験と電気技術情報サイト
電気☆入門
サイト内検索



楽天ブックスは資格試験の書籍も取り扱っています。楽天ブックスで買えば、楽天ポイントも貯まります。

【楽天で購入】
はじめての人のための
電気の基本が
よ〜くわかる本


電気☆入門掲示板はこちら
トップページ > 資格試験対策 >

資格試験勉強法


資格試験勉強法を考える

私の資格試験勉強方法を公開します。
これから資格試験を受験される皆さんのお役に立てれば幸いです。ちなみに社会人向けの方法です。

勉強時間を捻出する

毎日の流れを振り返る

社会人には自由な時間が少ないです。既婚者や家族がいる方はさらにもっと少ないです。
しかし、電気主任技術者(電験)やエネルギー管理士を取るにはある程度継続的な勉強が必要になってきます。
人によって朝型とか夜型とか、集中しやすい時間が異なっています。
朝型であれば、いつもより1時間早く起きて、いつもより空いている電車で会社に行き、会社で始業まで勉強するという方法もあります。
近年、朝の活用がビジネスパーソンの間で注目されています。朝が苦手だという方も、満員電車から解放される気分を味わう意味でも朝型はオススメです。

机に向かったら計算問題を解く

基本的に机に向かう時間は計算問題をこなします。机に向かって勉強できる時間は貴重です。この時間を使って計算問題のみを反復練習しましょう。

電車では文章問題を読む

通勤に往復2時間掛けている人がもっとも多いそうです。通勤電車では文章問題を読んだり、単語カードに目を通しましょう。

資格試験勉強の進め方

問題集を買う

まずは問題集を買いましょう。問題集は過去問題集で、解説が充実したものを1つ選び買います。何種類も買うと、勉強の進捗管理がしにくく、効率が悪くなります。

計算問題を解く

計算用紙を入手します。チラシの裏やミスコピー紙の裏等を活用します。
計算問題では解答や解説を読んでも理解できない問題に出くわすことがあります。その場合はあっさり切り捨て問題に?マークでもつけておいて、次の問題に進みましょう。やがて問題集1冊が解き終わり2周目に入って再び理解できなかった問題をやってみると意外と解ける場合があります。
最低でも平日毎日1時間は机に向かい、計算問題を解きます。土日は休むとか、時間を減らすなど自分でルールを決めます。平日毎日勉強するというのは、かなり精神力が必要となります。しかし合格をめざし、合格通知が来たときのことを想像してがんばりましょう。

文章問題を読む

文章問題は黙読して覚えます。毎日1時間は読みましょう。
問題集を読むときは、マーキングが出来るようにペンを用意します。出来れば赤いシャーペンの芯があると書きなおせますので便利です。重要なところは新品の問題集でも躊躇なくマークします。また、暗記が必要なところは後で単語カードに転記するためポストイットを貼っておきます。

暗記する

エネルギー管理士や、電気主任技術者など、電気関係の資格試験で必要なのは暗記です。
たとえば計算問題。わからないと思ったときは、大抵その問題を解くのに必要な公式を覚えていないときです。公式は暗記するしかありません。
そして文章問題。これも用語や名称、法律などを暗記するしかないのです。結局どれだけ暗記できたかが勝負になります。
暗記には、単語カードを利用しましょう。穴の開いたカードをリングでまとめてあるやつです。学生時代使っていたり、見たことがある方も多いと思います。
単語カードは、コンビニの事務用品コーナーや、100円ショップで入手できます。価格は100円〜300円くらいです。
公式の場合の例
表面に 「オームの法則」 と書き、
裏面に 「E=IR」 と書きます。
文章の場合の例
表面に
「タービンの緊急停止原因」
と書き、裏面に
「復水器真空度低下
 低圧タービン排気室温度高
 タービン振動大
 タービン過速度        」
と書きます。
この単語カードも、1日1回は全部目を通しましょう。
1ヶ月も続ければ単語カード50枚分くらいの内容を暗記することも可能です。

以上のことをひたすら繰り返し繰り返し行います。過去5年分くらいの問題集であれば、計算問題は5回以上解き、文章問題は10回は読みましょう。毎日やるのは大変ですが、毎日1時間の積み重ねを1年も続けると、かなり効果があります。

管理人のスケジュール

朝型スケジュールを実践

管理人は毎朝5時に起きます。最寄り駅で7時半の電車に乗れば始業に間に合いますが、6時には家を出て、ガラガラの電車で、運がよければ座席に座って出勤します。片道45分程度の電車内で、単語カードを暗記し問題集を読んでいます。会社に着くとまずは缶コーヒーを飲んで一服。そして机で1時間計算問題を解きます。そして帰りの電車でも単語カードを暗記し問題集を読んでいます。
たまに寝坊してしまうこともあります。そんな日は仕事が終わった後に会社で机に向かいます。
毎日勉強を続けてしばらく経つとやがて習慣化され、勉強をサボるのに罪悪感や恐怖感すら味わってしまうこともあります。とはいえ、疲れたなーと思ったら明るくサボる日があった方が、結果的に長続きするのかもしれません。





TOPページに戻る

サイトマップ
電気の基礎
電気とはなにか物質はすべて原子でできている原子の特徴電子の振る舞い電流は電子の流れ電気の歴史原子と分子と電子電流とは電圧とは抵抗とは電力と電力量直列・並列接続の合成抵抗分圧と分流直流と交流正弦波交流抵抗・リアクタンス・インピーダンス磁力線と磁束電気力線と電束コイルとインダクタンスコンデンサと静電容量共振力率と皮相・有効・無効電力3相交流ベクトル図の使い方電線にとまった鳥が感電しない理由需要率と負荷率と不等率フェランチ効果放電パーセントインピーダンス法(%Z)高調波交流の電気方式ホイートストンブリッジスターデルタ変換・デルタスター変換電圧降下過渡現象過渡現象(R-L直列回路)過渡現象(R-C直列回路)開閉サージ渦電流表皮効果

発電・送配電・受変電
原子力発電の仕組み水力発電の仕組み火力発電の仕組み太陽光発電の仕組み関東と関西で周波数が違う理由なぜ交流送電なの?停電瞬時電圧低下受電方式スポットネットワーク受電方式の仕組み統合接地

電気設備・機器
進相コンデンサと力率割引遮断器と開閉器と断路器接地(アース)変圧器(トランス)変流器接地用補償コンデンサ漏電と漏電遮断器保護継電器誘導電動機の始動法インバーターの仕組みケーブル・絶縁電線・コードの違い蛍光灯エアコンの仕組み直流電動機(直流モーター)誘導電動機指示計器GIS(ガス絶縁開閉装置)電磁開閉器(マグネットスイッチ)短絡(ショート)ヒューズリレー(継電器)スイッチ(片切・両切・3路・4路)トラッキング電力デマンド

電気設備保守
絶縁抵抗測定耐電圧試験

法則・定理
オームの法則クーロンの法則キルヒホッフの法則ファラデーの法則・レンツの法則フレミングの法則ミルマンの定理テブナンの定理ガウスの定理重ね合わせの理アンペア周回積分の法則ビオ・サバールの法則

公式・略号
電気公式集数学公式集電気設備略号辞典制御器具番号

数学
分数指数因数分解と展開方程式比例と反比例三角関数度数法と弧度法虚数

電気系資格
電気主任技術者とは?エネルギー管理士とは?技術士とは?技術士総合技術監理部門とは?

資格試験対策
電気主任技術者試験2次試験対策技術士2次試験対策(筆記試験)技術士2次試験対策(技術的体験論文)技術士2次試験対策(口頭試験)?技術士2次試験対策(口頭試験)?試験勉強法

資格試験過去問題
第3種電気主任技術者 理論第3種電気主任技術者 電力第3種電気主任技術者 機械第3種電気主任技術者 法規第2種電気主任技術者 1次理論第1種電気主任技術者 1次理論第1種電気主任技術者 1次電力第1種電気主任技術者 1次機械第1種電気主任技術者 1次法規第1種電気主任技術者2次試験 電力・管理第1種電気主任技術者2次試験 機械・制御エネルギー管理士(電気) 電気の基礎技術士一次試験 共通科目数学技術士一次試験 共通科目物理技術士一次試験 共通科目化学技術士一次試験 基礎科目技術士一次試験 電気電子部門専門科目技術士一次試験 適性科目技術士二次筆記試験 必須科目技術士二次筆記試験 選択科目 発送配変電技術士二次筆記試験 選択科目 電気応用技術士二次筆記試験 選択科目 電子応用技術士二次筆記試験 選択科目 情報通信技術士二次筆記試験 選択科目 電気設備

資格取得体験記
第3種電気主任技術者(電験3種)第2種電気主任技術者(電験2種)第1種電気主任技術者(電験1種)技術士1次試験(電気電子部門)技術士2次試験(電気電子部門)筆記試験技術士2次試験(電気電子部門)口頭試験技術士2次試験(総合技術監理部門)筆記試験技術士2次試験(総合技術監理部門)口頭試験建築設備士第1次試験建築設備士第2次試験エネルギー管理士(電気)エネルギー管理士(新制度)第2種電気工事士

関連サイト
電気☆入門掲示板

ご利用規約
当ウェブサイトご利用にあたって電気☆入門掲示板ご利用にあたって

当サイト運営者
管理人自己紹介管理人へメール

Copyright (C) DENKIMAN. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system