電気☆入門 電気主任技術者・電気工事士・エネルギー管理士・技術士等の資格試験と電気技術情報サイト
電気☆入門
サイト内検索



楽天ブックスは資格試験の書籍も取り扱っています。楽天ブックスで買えば、楽天ポイントも貯まります。

【楽天で購入】
はじめての人のための
電気の基本が
よ〜くわかる本


電気☆入門掲示板はこちら
トップページ > 資格取得体験記 >

資格試験取得体験記
建築設備士第1次試験


建築基準法に慣れる

平成23年に建築設備士第1次試験を受けました。
10年以上前から目標としていた念願の電験1種と技術士(電気電子部門)に合格し、次は技術士(総合技術監理)を受けようと思っていましたが、建築基準法が関係する仕事が増えてきて、自分に建築基準法の知識が足りていないことを痛感。1級建築士は難しいのでとりあえず建築設備士に挑戦することにしました。
電気主任技術者の免状を持っているので、実務経験が2年あれば受験資格があります。
建築設備士試験は第1次と第2次からなり、第1次は学科、第2次は設計製図です。

まずは1次試験の勉強をスタート。
1次試験は、建築一般知識、建築法規、建築設備の3科目。過去問題の攻略のため、
建築設備士試験問題と解説
を購入。A5サイズで、持ち歩きに便利です。

建築一般知識と建築設備の科目は、建築設備士試験問題と解説を通勤電車で読み込み、知らないキーワードをインターネットで検索をしました。初めて知ったことが多々あり、仕事に関係する知識ばかりだったので、わりと楽しく勉強できました。
しかし、建築設備士試験問題と解説は5枝択一の正答のみを解説していることが多く、アレンジ問題に対応できないと感じました。そこで追加で
建築設備士学科問題解説集
を購入。建築設備士学科問題解説集は全枝解説があり、図解が多いので分かりやすいのですが、B5サイズで約830ページというボリュームで、持ち歩きに難ありです。一問につき見開き1ページで問題文、解答、解説を記載しているため、余白が多すぎる感があります。もうちょっとコンパクトに製本したら完璧なのですが。
仕方なく、建築設備士試験問題と解説を持ち歩いて通勤電車で読み、解説が不足していて理解できない問題に付箋を貼って、それを建築設備士学科問題解説集で調べて、必要に応じて建築設備士試験問題と解説に書き写すということを繰り返しました。日頃から建築、電気、空調、衛生に広く携わっている方なら建築設備士試験問題と解説で十分です。
建築法規の科目は法令集持ち込み可という、今まで経験のない試験パターン。しかも、インデックスや付箋を付けたり、マーキングもOK。関係する法規が記載されているページや法規名称なら書き込みも認められています。
法令集は
建築設備関係法令集
を購入。早引きのためのインデックスも付いていて便利です。
建築基準法だけではなく、消防法や省エネ法、電気事業法にいたるまで、関係法令が網羅されています。法令集は過去問題を実際に引いて、マーキングしました。
出題傾向をつかむため、去年の過去問題出題箇所は赤、2年前はオレンジ、3年前は黄色と、過去問題5年分を5色にわけてマーキング。カラフルになったページは頻繁に出題されているということになり、よく読み込みました。マーキングには、こすれば消すことができる
フリクションライト
という蛍光ペンを使用。マーキングをミスしたら消せるので躊躇せずにマーキングできます。でも、擦って消すと印刷されている文字のインクも若干引っ張ってしまいますので注意が必要です。
法規で注意するのは法律特有の「ただし」や「〜を除く」の部分です。ここは赤ペンで囲んで目立たせました。

試験の時間割は下記の通りです。
9:45〜10:00(15分) 注意事項等説明
10:00〜13:00(3時間) 建築一般知識、建築法規
13:00〜14:00(1時間) 休  憩
14:00〜14:10(10分) 注意事項等説明
14:10〜17:10(3時間) 建築設備

法令集を持ち込める

建築一般知識と建築設備は、事前に問題集で勉強した内容や、普段仕事で携わっている内容が多く出たため比較的簡単に解答できました。
建築設備士試験問題と解説
建築法規は、建築設備関係法令集の持ち込みが認められています。
建築設備関係法令集
よって、法令集をどれだけ使いこなせるかが勝負です。事前にマーキングしていた部分からの出題がほとんどで難なく解答できました。

結果は合格。
第1次試験に合格したら、第2次試験の設計製図の準備をしなければいけません。



TOPページに戻る

サイトマップ
電気の基礎
電気とはなにか物質はすべて原子でできている原子の特徴電子の振る舞い電流は電子の流れ電気の歴史原子と分子と電子電流とは電圧とは抵抗とは電力と電力量直列・並列接続の合成抵抗分圧と分流直流と交流正弦波交流抵抗・リアクタンス・インピーダンス磁力線と磁束電気力線と電束コイルとインダクタンスコンデンサと静電容量共振力率と皮相・有効・無効電力3相交流ベクトル図の使い方電線にとまった鳥が感電しない理由需要率と負荷率と不等率フェランチ効果放電パーセントインピーダンス法(%Z)高調波交流の電気方式ホイートストンブリッジスターデルタ変換・デルタスター変換電圧降下過渡現象過渡現象(R-L直列回路)過渡現象(R-C直列回路)開閉サージ渦電流表皮効果

発電・送配電・受変電
原子力発電の仕組み水力発電の仕組み火力発電の仕組み太陽光発電の仕組み関東と関西で周波数が違う理由なぜ交流送電なの?停電瞬時電圧低下受電方式スポットネットワーク受電方式の仕組み統合接地

電気設備・機器
進相コンデンサと力率割引遮断器と開閉器と断路器接地(アース)変圧器(トランス)変流器接地用補償コンデンサ漏電と漏電遮断器保護継電器誘導電動機の始動法インバーターの仕組みケーブル・絶縁電線・コードの違い蛍光灯エアコンの仕組み直流電動機(直流モーター)誘導電動機指示計器GIS(ガス絶縁開閉装置)電磁開閉器(マグネットスイッチ)短絡(ショート)ヒューズリレー(継電器)スイッチ(片切・両切・3路・4路)トラッキング電力デマンド

電気設備保守
絶縁抵抗測定耐電圧試験

法則・定理
オームの法則クーロンの法則キルヒホッフの法則ファラデーの法則・レンツの法則フレミングの法則ミルマンの定理テブナンの定理ガウスの定理重ね合わせの理アンペア周回積分の法則ビオ・サバールの法則

公式・略号
電気公式集数学公式集電気設備略号辞典制御器具番号

数学
分数指数因数分解と展開方程式比例と反比例三角関数度数法と弧度法虚数

電気系資格
電気主任技術者とは?エネルギー管理士とは?技術士とは?技術士総合技術監理部門とは?

資格試験対策
電気主任技術者試験2次試験対策技術士2次試験対策(筆記試験)技術士2次試験対策(技術的体験論文)技術士2次試験対策(口頭試験)?技術士2次試験対策(口頭試験)?試験勉強法

資格試験過去問題
第3種電気主任技術者 理論第3種電気主任技術者 電力第3種電気主任技術者 機械第3種電気主任技術者 法規第2種電気主任技術者 1次理論第1種電気主任技術者 1次理論第1種電気主任技術者 1次電力第1種電気主任技術者 1次機械第1種電気主任技術者 1次法規第1種電気主任技術者2次試験 電力・管理第1種電気主任技術者2次試験 機械・制御エネルギー管理士(電気) 電気の基礎技術士一次試験 共通科目数学技術士一次試験 共通科目物理技術士一次試験 共通科目化学技術士一次試験 基礎科目技術士一次試験 電気電子部門専門科目技術士一次試験 適性科目技術士二次筆記試験 必須科目技術士二次筆記試験 選択科目 発送配変電技術士二次筆記試験 選択科目 電気応用技術士二次筆記試験 選択科目 電子応用技術士二次筆記試験 選択科目 情報通信技術士二次筆記試験 選択科目 電気設備

資格取得体験記
第3種電気主任技術者(電験3種)第2種電気主任技術者(電験2種)第1種電気主任技術者(電験1種)技術士1次試験(電気電子部門)技術士2次試験(電気電子部門)筆記試験技術士2次試験(電気電子部門)口頭試験技術士2次試験(総合技術監理部門)筆記試験技術士2次試験(総合技術監理部門)口頭試験建築設備士第1次試験建築設備士第2次試験エネルギー管理士(電気)エネルギー管理士(新制度)第2種電気工事士

関連サイト
電気☆入門掲示板

ご利用規約
当ウェブサイトご利用にあたって電気☆入門掲示板ご利用にあたって

当サイト運営者
管理人自己紹介管理人へメール

Copyright (C) DENKIMAN. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system